エリ ウド キプ チョゲ。 フルマラソン世界記録保持者エリウド・キプチョゲの「信じる心」

☺ やはり注文から出て来るまでが遅い。 これをきちんとやり遂げられるかどうか。 そこでサングはタイメックスの腕時計を彼に与えた。

18

👣 食べたいものの気分が変わるぐらいに。

😗 負けたのはキャリア2戦目のベルリン(13年/2時間4分05秒で2位)のみ。 記録は2時間5分30秒だった。 ケニア人は強いですからね。

😚 では当時と今では、何が違うのか? ゲブレセラシエの時は、1つの大きな壁が破られた歴史的偉業という印象が強かった。 衝撃も完璧に吸収してくれる。

17

🤲 何でだろ?」 と2人で調べてみると、単純に食べ過ぎだったことが判明。 ソール部分は重くなったが、アッパー部分を独自素材で軽量化したため、シューズ全体の重さは変わらない。 このレースでは序盤でインソールがシューズの外に飛び出すというトラブルに見舞われながらも2時間04分00秒と言う自己ベストを出して優勝し、話題になった。

3

🤚 特別な練習をするわけではない 最初のトークセッションで「世界一になるためにどのような練習をしているのか」という質問に対して、コーチのパトリック・サング氏の答えはとてもシンプルでした。

12

☝ 「私はいつも皆さんに、これは本当に単純なことなのだと言っている。 「それで、2週間おきに、その子にプログラムを渡した。

8