エクセル シート の 保護 解除。 Excel シート保護が解除できない(グレーアウトしている)場合の解決方法

✍ 書き換える箇所は 「」の箇所です。 左から5番目のタブのパスワードを解除したいなら 「sheet5」を選択します。

2

😛 「シートの保護」をクリックすると、保護解除のためのパスワードを設定したり、ユーザーに許可する操作を指定するフォームが表示されます。

12

✌ 当たり前のようですが、そもそも セルA2を選択できるためにこのような現象になっています。 ツールのホームページに、「パスワード復元」機能をクリックしてエクセルシートファイルのロックを解除します。

14

🚒 上記のタグ ""まで を削除して再圧縮すると、パスワードのないファイルになります。 ワークシートを保護する前にロック解除しなかったマップ、埋め込みグラフ、図形、テキスト ボックス、コントロールなどのグラフィック オブジェクトへの変更。 このルーツは少々時間掛かりますが、復元プロセスの完成を待ってください。

2

☎ zipファイルへの変更をするには、ファイル名の拡張子をzipへ変えるだけです。 パスワードを忘れると、ワークシート上の保護された要素にアクセスできなくなります。 ピボットテーブル レポートを使用する ピボットテーブルが作成されている時に、書式設定、レイアウトの変更、更新、またはピボットテーブルの変更を行うことや、 オブジェクトの編集 埋め込みグラフ、図形、テキスト ボックス、コントロールなどのグラフィック オブジェクトを変更することができます。

4

👀 04シートの保護を解除したいシート名「. 「校閲」タブをクリックして選ぶ まずは 「校閲」タブをクリックして 選びましょう。 具体的な操作については、以下を参照してください。 「セル」グループの「書式」ボタンをクリックして選ぶ 「ホーム」タブを選んだら 「セル」グループの 「書式」ボタンを クリックして選んでください。

12

🤜 インストールが終わったら、該当の Excel ブックを開きます。 04「シート構成とウィンドウの保護」という小さな画面が表示されるので、パスワード一覧にパスワードを入力し、確認のために、パスワードをもう一度入力します。 この記事ではExcelワークシートの保護パスワードを知っている場合、及びExcel シートのパスワードがわからない場合に、それらのシート保護の解除方法をご案内します。

17