少し 昔 の ある 話 君 と 僕 が 出会っ た あの 日 歌詞。 Elysion ~楽園への前奏曲~

😉 「〝Our Song〟 僕が高校生のとき。

💅 彼は幼い頃に人為的な災害にから唯一の生き残りであり、それから救ってくれた男は魔術師で正義の味方を目指していた頃もありました。

4

🤭 「これだ. その写本の内、とある一冊のとある1ページがとある悪魔の手に渡り、その悪魔は精神を侵され狂ってしまいました」 「精神を侵されて狂う?」 「その悪魔は正気を失ってはぐれ悪魔となり、日々何かの研究を行っていました。 『Dystopia』『何様』『F-3』『Story of "J"』。

7

😋 サポートを務めてくれているバンドメンバーが岡山にいるのも大きな理由のひとつ。

19

👆 ただ生き延びただけの堕天使風情が」 体内の重力制御の魔剣に魔力を通して大導師の重力結界っぽい物を発動させてコカビエルを地面に叩き付ける。 ずっと聞いて聞かないふりをしていたのですが ある日「君の運命の人は僕じゃない~」とか歌ってて ついに堪忍袋の尾が切れて「そんなふざけた歌詞の歌が有るわけ無いでしょ! 君の運命の人は僕だよ~でしょ!」と叱り飛ばした所 息子が「本当にこういう歌だよ」等と抗議してきてオオカミ少年のように思えて げんこつしてしまいました。 その足で、赤坂へ向かった。

4

♨ 彼女と初めて出会った時のことを思う。 Elysion ~楽園への前奏曲~ Major 1st Album --------------------------------- Ark 「箱庭を騙る檻の中で 禁断の海馬 きかん に手を加えて 驕れる無能な創造神 かみ にでも成った心算なの…」. 先程の儀式、 聖剣 エクスカリバー を束ねるというのは素晴らしいと思いますけど材料の把握は出来ているんですか?」 「ふん、当たり前だろうが。 記憶よりも皺が増え、身体の方も少し痩せた様に見えるけど、それでも元気そうな神父様を見て、自然と涙がこぼれる。

3

⚐ 状況はどうなっています」 「報告にあったコカビエル一派がグラウンドで何かの儀式を始めています。

6

🚒 野生の獣のような力強く無駄のないその歩みに何度見惚れたことだろう。 「なにが、何が起こったというのだ!?」 コカビエルが慌てふためき、他の皆が周りの風景に唖然とする。