伊織 い お 就職。 伊織

☏ 俺にはもったいないくらいな」 真理奈「どうやって知り合ったの?」 俺「ん~運命的な出会いかな?w」 その後も質問は続いたが、 いつの間にか真里奈は眠ってしまった。 バニラ『あれ?リョウは今日学校の友達と遊ぶんじゃなかった?』 リョウ『男だけであんまりにも寒いんで帰ってきた』 リョウよ、それがいいんだぞ。

6

📞 お父さん!ぼくぁ!人様の娘さんを汚してしまいました!! もう首吊るしかないですか? そのまま宇宙に逃げたかった。 もう一度鳴らす。 (いろいろあったもんな・・・) 伊織は荷物を置いていた。

4

😝 バニラ『今一緒にいるよ』 なみ『変態・・・』 (またそれか・・・) 三毛猫『伊織ちゃん、何か変なことされそうになったら大声出すんだよ』 (俺はレイプ魔か?まぁ半分そうだけど・・・) 伊織『大丈夫~^^私今日生理だから』 (お前は馬鹿か。 思ったより時間が経ってはいなかった。

🖐 伊織「見ないで・・・」 わざと聞いてみた。 これからも果敢に(でも無理せず)更新をお願いします。 伊織「こんなに出るんだ・・・」 俺「あんまり最初から飛ばすと、 中が擦れちゃって傷つくこともあるからね」 (受け売りだけど・・・) 「俺はゆっくりでいいから」 伊織「私の事を想って・・・ありがとう・・・」 そう言って彼女は泣いた。

8

👣 窓側へ行き煙草に火をつける。

15

⌛ その他、当サービスの対象外のもの 風景写真・ゲームやTVのキャプチャ・スクリーンショット・文字のみの画像等、上記にあてはまらないもの。

19