源氏 物語 関係 図。 5分でわかる源氏物語!紫式部が描く平安時代の貴族社会を解説

⚠ 【はみ出し話 その1】 日本の皇室では実際に近代に至るまで、伝統的に正室(正妻)以外に側室をおくことを前提に男系男子による皇統(天皇の血統)を維持してきました。 都へ残る紫の上は悲嘆にくれるが、源氏は後ろ髪を引かれる思いで邸や所領の管理を託す。

17

💢 光源氏 (ひかるげんじ) 父・桐壺帝の第二皇子でありながら、母が身分の低い更衣のため、「源氏」という臣下の身分に落とされ、皇位継承権もないままに帝の手元で育てられ、幼い頃から学問をはじめ琴笛に大層優れている。 (2016年7月12日現在) BIB 米国ヴァージニア大学電子テキストセンターとピッツバーグ大学東アジア図書館から提供されている、日本古典文学の電子テキストのウェブサイト『Japanese Text Initiative』には、源氏物語の定家本(青表紙本)を底本としたテキストを見ることができる。 源氏は明石の君のつらさを思いながらも、姫を紫の上の養女にする申し出をする。

15

🤛 亡き母に大層よく似た継母・藤壷を慕い続けることから、愛の遍歴がはじまる。 娘が中宮になると宿曜により予言されていた源氏の計らいから、それに相応しい環境で養育させるために三歳の時より紫上の養女として育てられる。

15

😙 藤壺(ふじつぼ)」 桐壺帝の寵妃(ちょうひ)。

11

🙃 源氏物語は、最大のヒロインである「紫の上」の名によって、「紫の物語」あるいは「紫のゆかりの物語」と言われたこともあり、その作者という意味で、紫式部と呼ばれるようになったと考えられています。 なんとかかわす源氏だが、玉鬘への思いを断つ時が来たことを悟る。 後には「源氏」に引き取られて、仏道に専念する静かな生活を送ります。

3

🤜 浮舟、下山を拒む. 当時、皇族などの結婚は一夫多妻でしたが、「源氏」と男女の関係になっている女性が実に多いことがわかります。 また、1987年に製作された映画「紫式部 源氏物語」を、"YouTube"の動画共有サービスによってご覧いただくことができます。

😒 美しく陽気で軽い感じのする宮は、源氏の異母弟・八宮の娘(中君)と契り、二条院に連れてきます。

20

🙏 やがて、気の弱い「桐壺更衣」は、体がやせ衰え、御所での勤めも続けられなくなり、3歳になった「源氏」を残して亡くなってしまいます。 物語を通して藤壺の宮は源氏のなかで強く関わり続けていることからも、源氏にとってかなり特別な存在だったことが分かります。 [ad co-1] 明石:明石の君と源氏の帰京 源氏28~29才 朱雀帝の妻になる予定の女性・朧月夜と関係してしまった源氏は、罪を着せられる前に逃れようと、須磨へ向かいます。

13

🐾 六条御息所と夕顔は様々な不幸に見舞われますが、末摘花は境遇こそ他の女性に劣りながらも、性格の良さで最後まで生き残ることができました。 読み進める時に最低限必要なことばの意味等の説明もある。

17