コロナ ca。 コロナ不況で「飛べないCA」が「ぶっ飛んだ社内事情」告白 (1/2ページ)

👎 ベテラン機長の年収は1500万円を超える好待遇です。 解雇予告手当として約16万円が支払われただけだったという。 コロナで再認識した自己管理能力の大切さ 飛行機という狭い空間で日々不特定多数のお客様と関わるCA。

5

☣ 乗務中はマスクと手袋をし、お客様と密な接触は避ける、お客様の顔色や様子を注意深く観察して、体調の悪いお客様の早期発見と対応、こまめな手洗いと機内の消毒、機内清掃の強化など、一人ひとりができる感染防止対策を行なっています。

18

☢ いきなり解雇通知が自宅に届くツラさ。

👆 当然ながら飛行機が飛ばないなんていう前提は誰も考えていなかったから安い基本給でも納得はしていた。

6

🤣 写真はイメージです Photo:PIXTA 新型コロナウイルスの感染拡大によって、航空会社の運航は大幅に減少。 だから私も飛びたいと思いましたけど、みんな考えることは同じで、蓋を開けてみれば、飛んだのはベテランの管理職CAばかりでした。 「お金に困って夜の副業をするCAは以前からいた。

🙄 さらに、日本政府が2月末に要請したイベント自粛やリモートワークの推進などで、国内の移動需要も低迷している。 もしかしたら、今回の要請にはそんなことも関係しているのかもしれない。

7

🙄 中部空港内の会議室。

😂 収入は三分の一になり、手取りが10万円を切って貯金を切り崩している状態。

1

☣ それがきっかけとなって、「客室センターの除菌活動を1日2回実施する」という組織的な取り組みとしてスタート。 これからどうすれば? 先が見えないです」 「人工透析を受けている障害者です。

2