エクセル ドロップ ダウン リスト 連動。 エクセルのドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を4段階(4階層)連動させる方法 365・2019・2016・2013・2010・2007対応

👌 そして、これらのデータの増減に応じて、リストの伸び縮みするようにしたいと思います。 これは面倒です。 テーブルを空白を含まない範囲に縮めます。

6

🌏 ドロップダウンリストの作り方 ドロップダウンリストを作るには入力規則を操作するValidationオブジェクトの Addメソッドを使います。

📞 入力規則で「リスト1」で選択した項目によって「リスト2」のリストを変える方法です。 管理しやすい名前を付けておきましょう。 検索方法 「FALSE」を指定します。

18

📱 native-lazyload-js-fallback' ; lazyElements. 選択したい項目が選択されたら[Enter]キーを押すと入力が確定されます。

8

♻ 最後に、飲食店形式については、プルダウンリストの基本でも紹介したように、別枠でプルダウンリスト化することによって、完成となります。

16

🖖 これで、人員の欄に部署と連動したプルダウンメニューを作成できます。 ここまでの設定を覚えれば問題はないのですが、なぜこんな関数を使うの?と思った方もいると思います。 入力規則の無効なデータで確認する方法• OFFSET関数に、範囲に含まれる空白でないセルを指定するCOUNTA関数を組み合わせることで、 項目が増えた時にプルダウンメニューに自動で追加する設定が可能です。

💔 同じシート内で項目を記入した場合は、こちらのステップを省略してください。 1段階目の選択肢となる先頭行のセル、2段階目の選択肢となるセル範囲を合わせてします。 リスト(3)はそれぞれ別表を作る必要があります。

19