デ ノ タス チュアブル 配合 錠。 デノタス®チュアブルの特徴とチュアブル錠のメリット・注意点

💙 デノスマブは、ヒトのNF-kB活性化受容体リガンド(RANKL)に対するIgG 2モノクローナル抗体である。 薬剤名 影響 テトラサイクリン系抗生物質<経口> 当該薬剤の効果が減弱 ミノサイクリン<経口> 当該薬剤の効果が減弱 ドキシサイクリン<経口> 当該薬剤の効果が減弱 テトラサイクリン<経口> 当該薬剤の効果が減弱 ニューキノロン系抗菌剤<経口> 当該薬剤の効果が減弱 レボフロキサシン<経口> 当該薬剤の効果が減弱 ノルフロキサシン<経口> 当該薬剤の効果が減弱 シプロフロキサシン<経口> 当該薬剤の効果が減弱 トスフロキサシン<経口> 当該薬剤の効果が減弱 ストロンチウム 当該薬剤の効果が減弱 レボチロキシン<経口> 吸収が遅延又は減少 強心配糖体製剤 作用を増強しジギタリス中毒の症状<嘔気・嘔吐・不整脈等> ジゴキシン 作用を増強しジギタリス中毒の症状<嘔気・嘔吐・不整脈等> ビタミンD 高カルシウム血症 ビタミンD誘導体製剤 高カルシウム血症 アルファカルシドール 高カルシウム血症 カルシトリオール 高カルシウム血症 エルデカルシトール 高カルシウム血症 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 RANKL阻害剤は破骨細胞の形成を抑えることで骨粗鬆症を改善します。

17

🤛 またマグネシウムは多くの酵素反応や筋収縮、神経伝達に直接関与するとともに、 カルシウム代謝に関わり、相互にバランスを保つ目的で配合されています。

12

💅 またマグネシウムは多くの酵素反応や筋収縮、神経伝達に直接関与するとともに、 カルシウム代謝に関わり、相互にバランスを保つ目的で配合されています。

14

😙 ブログ: 2006年 京都薬科大学 薬学部卒。 調剤併設ドラッグストアのスギ薬局に新卒で入社。

🤩 メリット 子供用のチュアブル錠などは、子供にも飲みやすいようになっている。

⚒ (高齢者への投与) 一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与する。 Q 相互作用は? A 本剤と結合し作用が阻害されるテトラサイクリン系抗生物質・ニューキノロン系抗菌剤・レボチロキシンナトリウム及びストロンチウム、成分が重複するビタミンD及びその誘導体、本剤により高カルシウム血症が発現した場合に作用が増強されるジゴキシン等の強心配糖体は併用注意です。 デノタスの添付文書には、「腎機能障害の程度に応じ、本剤の投与を中止し活性型ビタミンDおよびカルシウムなどの他の薬剤に切り替えるなど、適切な処置を行うこと」とある。

3

👇 天然型ビタミンD(ビタミンD2及びD3)は肝臓で代謝され25(OH)Dに、さらに腎臓で活性型ビタミンD(1,25(OH)2D)となり、小腸でのカルシウム吸収を促進し、腎臓では尿細管内カルシウムの再吸収を促進することで、血中カルシウムを増加させます。 併用注意のもの 併用注意のものは、 1)テトラサイクリン系抗生物質(ミノサイクリン、ドキシサイクリン、テトラサイクリン等) スポンサーリンク 2)ニューキノロン系抗菌剤(レボフロキサシン、ノルフロキサシン、シプロキサシン、トスフロキサシン等) これらの薬剤はカルシウムまたはマグネシウムと反応し消化管内で難溶性のキレートを形成し、薬物の吸収を阻害することになるので、投与間隔をできる限りあけるなどして服用すること。

16