高橋 義博。 高橋家(大日精化工業社長・高橋弘二・高橋靖の家系図)

☮ 多くの騎手に握手攻めに合いながら、師は笑顔で競馬場を後にした。 1979年11月に美浦・大久保勝之厩舎に入門してから40年以上も競馬の世界に身を置き、調教助手時代には大久保勝厩舎でブルーフラール(85年中山大障害・春)、笹倉武久厩舎では稀代の逃げ馬ツインターボ(91年ラジオたんぱ賞、93年七夕賞、同産経賞オールカマー)などに携わった。

19

👇 20日付で調教師を勇退する高橋義博調教師 美浦所属の高橋義博調教師(69)が、20日付で調教師を勇退する。 そのまま頑張ってください」と声をかけたそうです。

2

🤔 対談記事を読むとお分かりいただけると思いますが、先生は誰に対しても同じ態度で接する方です。 翌03年から美浦・中尾銑治厩舎で厩務員に。 ありがとうございました。

4

🙄 そんなちょんまげ先生ですが、調教師として バシケーンで 中山大障害を制し、 弥生賞を勝った コスモオオゾラで 日本ダービーに出走するなどの実績を残されました。 ご自身が仰っていましたが、ファンの皆さんの記憶に残る馬は少なかったかもしれませんし、実績的にもいまひとつ、と思われているかもしれません。 今後は少し家族に寄り添いたいです」と目を細めていた。

20

☕ その中でも、ちょんまげ先生は本当に若いです。 やりたいことをやって満足できましたが、その分、家族に対しては不十分なことばかりだった。 特にバシケーンでJ・GIを勝ったときは「勝ったら髪を切る」という公言通り、断髪式も行って話題になった。

🤗 調教師になってからは短かったなとも思います。 先生の最終出走となったのが、8月16日新潟5レースの2歳新馬戦で、藤田菜七子騎手が騎乗した キボウノヒビキでした。

9

⚠ なぜ今の時期なのか、僕自身お話をさせていただいた印象としては、ご自身で納得した上というか、熟考されて決断されたことのように思えます。 ツインターボも個性的だったのでいろいろな思い出があります」と過去を懐かしむ。

4