総合 支援 資金 延長 審査。 コロナ総合支援資金とは何で審査内容や基準は?落ちたらどうする?

👣 返済能力の有無 総合支援金貸付制度は、仕事があるもしくはこれから仕事に就くという理由で、 将来的に返済能力があると判断されることが必要です。

☎ 例えば、本人確認書類はもちろんのこと、ハローワークで求職登録した証明書、現在の世帯収入を確認するための書類、連帯保証人の収入証明等が挙げられます。 でも最初から返済をしないと言う印象を持たれると相当突っ込まれます。

3

⌚ 本記事の対象:コロナの影響を受けて生活資金に困っている人。 でも、今はコロナの影響で目先のお金に困ってる人が本当に多いから、細かい書類の添付を不要としていて、多い時の月の収入金額と最近の少なくなった月収金額を申請用紙に書くだけ。 以下の場合も貸付を受けることができませんので、 他の制度を利用することになります。

1

❤️ たぶんですが、社会福祉協議会の職員さんも問い合わせがパンクして出来るだけ断りたいと言うのが本音だと思います。 本人確認書類を添付しても、事実と異なっていれば審査は通らないでしょう。

❤️ 要は、公務員が世帯にいると申請が通らないという大原則があったんです・・・。

19

📱 また、その他社会福祉協議会が必要とする書類の提出が求められる場合もあるでしょう。 新型コロナウイルスで総合支援資金も柔軟に? 総合支援資金は新型コロナウイルスが出る前からあった支援制度です。 実際のところ審査はどうなのでしょうか? 総合支援資金を検討されているということは、おそらく 緊急小口資金の特例貸付を利用されている方が多いと思いますが、基本的には要件は同じです。

7

🤔 申請は、現在自己破産手続き中でない限りは可能• 指定なし• 失業保険が一部の対象者に対して、60日延長されることになりました。 今回、総合支援資金では、ちゃんとチェックされてしまって審査が落ちた、とこんな具合です。

6