慈しむ 意味。 「慈」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

♻ 基本的に漢字というものは由来があり、その由来から読み方が決まってくるのです。 例えば「自然の慈しみを覚える」という表現をすることもあります。

4

❤️ 西洋的な自然への関わりは、人間が神から任され、支配し、管理し、人間の都合のいいように改良し、もって神の偉大さを証明する為のものかもしれませんが、東洋的な自然観は、もう少し人間は自然の一部にすぎないという謙虚なものでしょう。

14

👉 「慈しむ」の意味の類語 「慈しむ」の類語表現としては、「愛着をもつ」「かわいがる」「大切にする」「熱愛する」「こよなく愛する」「愛おしむ」などが挙げられます。 「自然を慈しむ」と使いたいのですね。 また、相手を いたわり育てるという意味も持ち合わせています。

16

🖐 「love」でも「慈しみ」を表現できる 「慈しみ」は、身近な言葉「love」でも表現できます。

19

💅 「可愛がる目」になると少しおかしいですよね?基本的に類義語からこの「慈しみ」という表現に変えるときは少し文章がおかしく感じることが多いです。

3

✌ さらに、「慈」という漢字の意味を調べますと、 1、いつくしむ。 昔の人が俗世間的に慈悲の字を「茲心非心(じしんひしん)」と割って「この心、心に非ず」といい、自分の心を中心とするのでなく、相手の心を心として生きる。

11

📱 「慈しみ」の他にも、「ゆかしさ」「先導」「先見」という花言葉も持っています。 まとめ 「慈しむ(いつくしむ)」とは「弱い人や自分より立場が下の者を大切に可愛がる、愛情を注いで大切にする」という意味を持ちます。 ただ、あえて言えば、この言葉には、年上や何らかの力を持ったものが、年下のものや何かの点で力の劣ったものに対して抱く気持ちが込められている、といった感じがするのですがいかがでしょうか。

2

✇ また「慈しむ」は「愛しむ」とも書きます。 「愛心(あいしん)」 意味は「慈しんで愛する心」です。

4

🤝 愛着がわいてしまったという表現を聞いたことはありませんか?これも「慈しみ」の類語の1つになるのです。 あわれみ。