補聴器 医療 費 控除。 補聴器の医療費控除を受けるには?

☭ 補聴器は高額な医療機器なので、医療費控除を活用できれば費用負担も軽くなります。 医療費控除などの還付申告は、この時期だけでなく受け付けています。 お近くの補聴器相談医は日本耳鼻咽喉科学会のHPを見て頂くと掲載されています。

1

⌚ 補聴器と眼鏡 中近両用メガネ 高額な 「補聴器」や 「眼鏡」を、老親が購入する機会があると思いますが医療費控除の対象になるのでしょうか。 このとき「領収書」を忘れずに受け取ってください。 申請場所は、居住する市区町村の社会福祉協議会や役所の福祉課などにあたりますが、自治体によって窓口が異なるので、詳しくは直接問い合わせてみることが必要です。

7

❤️ 通院費なども対象 「通院」に要する費用も医療費控除の対象になります。 まずは補聴器相談医に行って必要書類を記入してもらう。 に掲載されていますので受診の参考にしてください。

4

🤑 問診や検査を受けて「補聴器適合に関する 診療情報提供書」を記入してもらいます。 ただし、自家用車のガソリン代や駐車場代は対象外です。

15

🤘 控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下• (2)医療費控除の申請手続き方法 補聴器の購入で医療費控除を受けるためにはいくつかの手順があります。 それが障がい者総合支援法です。

11

😋 補聴器は、高額なものが多いので医療費控除の対象にする場合は、まずは相談医を探してを受診して下さい。

2

👀 白内障や緑内障、弱視、斜視など定められた治療を要する疾病のみで、補聴器と同じく医師の治療を受けるために必要でなくてはなりません。

12

⌛。 ただし、所得や自治体によっては例外があります。

19

😇 補聴器や眼鏡は、税務署から求められとたきのために「診療情報提供書」や処方せんの写しは必ず保存しておきます。 これを持って補聴器を購入すると、自己負担1割で補聴器を購入することができます。 「介護保険」の利用料も控除の対象になるものがあり、領収書の合計額の欄に「医療費控除」の対象額が書かれています。

8