2021 中学 受験。 首都圏「中高一貫校」意外な人気上昇校とは?【2021年入試版】

✆ 人としての生き方を考えるうえで重要なカギになる「友だち」。

5

☏ また、多様化しつつあった入試タイプが、コロナの影響で従来のオーソドックスな形式に戻ってきている状況です。 自分で想像して答えなさい」という、受験者の感性と想像力を問う問題が出ました。

14

😆 サピックスは毎週配布型のテキストを採用しているので、毎週の教材を生徒に郵送して、同時並行で動画を撮影するなど、限られた機材と時間のなかでどんな授業ができるのか、手探りで遠隔授業をスタートさせました。

🤗 志願者数合計も200人を超えた。

☕ ちなみに理科は範囲に異同はありません。 小5の時に学校説明会や文化祭などに参加していれば学校の雰囲気に触れる機会もあったのだろうが、現状では志望校に足を踏み入れないまま入試に臨むことになる女子受験生も少なくないと思われる。

7

🙏 つまり、倍率が上がったから、ここまで多くの学校の偏差値が上昇したという説明には無理があります。 翌年の学校の人気動向や、募集定員の変化等も加味します。 鉄緑会の指定校! 以前、「」という記事でもご紹介しているように、毎年、右肩上がりで東大合格者数を増やしている東大受験指導専門塾である「鉄緑会」ですが、大学受験も見据えて中学受験する方も多い中で、鉄緑会の指定校に入学させたいという方もいると思います。