ラクロス 女子 日本 代表。 2017年度女子日本代表 代表選手リスト(2017年5月7日現在・写真追加)

😄 20~30@イギリス・マンチェスター) 1993年度・女子日本代 表 () 第4回IFWLA女子ワールドカップ 7位 (1993. 4@東京・江戸川区) 1996年度・男子19歳以下日本代 表 () 第3回ILFユース世界選手権(男子19歳以下) 5位 (1996. 2009年 京都産業大学 40 周年記念式典講演• ラクロスWORLD CROSSE in JAPAN()• 8~15@オーストラリア・メルボルン) 第5回ILF男子19歳以下世界大会 6位 (2003. 5~13@オーストラリア) 2002年度・女子21歳以下日本代 表 ドイツ・ベルリンオープン2002 優勝 (2002. 3~10@オーストラリア・アデレード) 2004年度・女子21歳以下日本代 表 豪州強化遠征:DOWN UNDER CUP2004 2位 (2003. 12~22@イングランド・ギルフォード) 第10回IWGAワールドゲームズ 5位 (2017. ASPACは、その布石となるはずだ。 こころのプロジェクト「夢先生」にも参加。 結果は大差で敗れたものの、選手、コーチそれぞれが海外遠征で大きな刺激を受けていた。

18

💅 そんな経験を今の選手の1人でも多くの人にして欲しい、それが恩返しに繋がるのではないかと考え、コーチをさせて頂くことを決意しました。 5@アメリカ・ボルチモア) *男女共催 2003年度・女子21歳以下日本代 表 豪州強化遠征:DOWN UNDER CUP2003 優勝 (2003. 24@東京・江戸川区) 1989年度・女子日本代 表 () 第1回ラクロス国際親善試合 エキシビション参加 (1989. 2009 年~2010 年 共同通信 毎月 1 回更新 コラム•。 3@アメリカ・アナポリス) 2004年度・男子 21歳以下 日本代 表 第1回APLUアジアパシフィックトーナメント(ASPAC) 3位 (2004. 2017年オーストラリア代表としてワールドカップに出場。

☯ 2008年 3~9月 オーストラリアリーグの強豪「Wilderness」に加入、リーグ戦2位(プレーオフ進出)、MOM(マンオブザマッチ)を2度受賞• 本当に感謝申し上げます。 日本では夜中時間の試合なのに、リアルタイムで観てくれてる仲間たちがいて、 テレビを見ながら私たちのプレーを喜んでくれている仲間の姿をみたり、 試合結果を聞いて連絡をくれる友人がいたり、 かっこいいです!先輩のようになります。 2002年 日本代表選出、関西ラクロスリーグ戦1部 BEST12• 氏名 CAP 1 岸田 則子 3 2 玉置 文子 6 3 大嶋 栄 1 4 土井 雅子 3 5 田中 光子 6 6 太宰 由紀子 2 7 高田 木村 郁代 4 8 志村 美恵子 3 9 堀北 綾子 1 10 渡辺 志保子 5 11 土屋 亜美 5 12 宮河 菅井 輝美 7 13 塩崎 恵美子 4 14 佐藤 美和子 3 15 増岡 文子 3 16 石田 みち子 3 17 福島 順子 3 18 安田 哲子 2 19 斉藤 範子 2 20 山田 恵子 4 21 吉田 幸代 3 22 宮川 千佳 12 23 多田 ゆかり 4 24 兼松 順子 4 25 安達 三枝 12 26 並木 富士子 13 27 奈良部 直子 4 28 弘中 雅子 7 29 三木 朋子 4 30 赤井 希久子 5 31 曽我部 日生 5 32 加藤 晴世 6 33 山内 紀子 2 34 沼畑 公子 1 35 海野 久美子 2 36 相川 千絵 4 37 井上 久子 2 38 原沢 亜希 2 39 鹿内 愛子 16 40 外山 智香子 8 41 大竹 真美子 7 42 高橋 順子 2 43 江野沢 宇田川 美穂 13 44 多島 朋子 4 45 浅見 敬子 11 46 服部 留奈 2 47 吉岡 麻里子 7 48 岡田 梨加 3 49 丸山 みどり 3 50 永田 早矢 18 51 原田 直子 1 52 森本 加藤 直子 5 53 平野 小熊 桂代 8 54 関 奈津子 4 55 虫壁 坪井 良子 11 56 室岡 絵里 1 57 小野 智恵子 1 58 首藤 榎本 妙 12 59 永野 はるえ 5 60 古賀 千尋 5 61 田端 真希 2 62 Angela Elting 15 63 杉浦 則子 4 64 鈴木 理恵 2 65 岡田 真実 20 66 浜田 真里江 2 67 野中 郁代 1 68 長谷部 直子 12 69 岡田 真弥 1 70 兼松 本間 由香 13 71 佐々木 時子 17 72 井手 麻記子 7 73 野口 智子 3 74 松平 貴子 17 75 乾 あゆみ 18 76 小島 千枝 2 77 高橋 美夕季 1 78 辻本 つかさ 11 79 河野 未穂 2 80 清水 郁子 1 81 山口 真理恵 10 82 篠宮 山田 都萌 6 83 伊藤 真葵 20 84 中村 弥生 3 85 高山 直子 4 86 鈴木 彩香 13 87 後藤 萌美 9 88 山本 さやか 15 89 高橋 はるか 5 90 二木 美栄 1 91 常盤 香代子 2 92 井上 愛美 14 93 直塚 史子 2 94 鎌多 春香 2 95 高橋 真弓 5 96 加藤 慶子 7 97 横山 里菜子 5 98 山田 陽子 2 99 田中 智絵 2 100 工藤 綾乃 1 101 与村 知子 1 102 田中 彩子 4 103 湯村 亜衣子 1 104 鈴木 実沙紀 19 105 富田 真紀子 5 106 大島 千佳 4 107 一戸 愛美 1 108 三樹 加奈 1 109 伊藤 絵美 5 110 藤崎 朱里 2 111 中尾 友紀 1 112 Mateitonga Bogidraumainadave 11 113 鈴木 育美 1 114 飯田 美妃 1 115 野毛 伸子 4 116 横尾 千里 4 117 山中 郁香 5 118 神村 英里 5 119 鈴木 美緒 8 120 齊藤 聖奈 21 121 中村 知春 4 122 山 あずさ 4 123 西村 みき 1 124 中嶋 竹内) 亜弥 10 125 小磯 雅子 5 126 樋口 由依 4 127 山田 怜 1 128 林 明里 3 129 末 結希 14 130 五十嵐 裕佳 3 131 片岡 瑞帆 12 132 坂本 愛里咲 3 133 加藤 あかり 7 134 本間 美月 5 135 伊藤 瑞萌 4 136 田坂 藍 11 137 加藤 里奈 2 138 小菅 礼子 3 139 杉本 七海 1 140 山本 紗織 2 141 高野 眞希 8 142 山本 実 10 143 谷口 令子 3 144 野田 夢乃 11 145 南 早紀 12 146 日向寺 亜依 7 147 バディヴァカロロ 1 148 黒木 理帆 10 149 堤 ほの花 9 150 寺内 美樹 3 151 伊藤 優希 5 152 櫻井 綾乃 12 153 小林 ちひろ 5 154 三村 亜生 7 155 平野 恵里子 7 156 中山 潮音 2 157 清水 麻有 9 158 古田 真菜 2 159 及川 由季 3 160 津久井 萌 8 161 山中 美緒 2 162 桑井 亜乃 1 163 塩崎 優衣 6 164 江渕 まこと 7 165 長田 いろは 7 166 鈴木 彩夏 7 167 福島 わさな 3 168 藤本 麻依子 4 169 加藤 幸子 2 170 小西 想羅 2 *キャップ数は2017年8月27日時点. 2年後の世界大会(2021年)を見据え、チームは大学生だけで編成した。

💖 2014年4月より京都産業大学大学院マネジメント研究科在学中。

8

🤑 Global Athlete()• 1998年~2000年 Winter Cup(全国大会)出場 戦績 ラクロス [ ] 日本国内• 「Almond Breeze」 コマーシャル など• 2011年 全日本選手権 「NLC SCHERZO」 優勝• 21年の目標は世界トップ5入り。 2017年度女子日本代表は、第10回FIL女子ワールドカップ(7月12日~22日/イングランド・ギルフォード)及び第10回IWGAワールドゲームズ(7月26日~29日/ポーランド・ヴロツワフ)に出場します。 2015 年~現在 毎年 2 月 サンフラワーカップ(現 CrossCrosseCup)開催@日本各地 執筆活動 [ ]• 同年、米国のクラブに一時加入し、ハワイトーナメントで優秀選手に選ばれる。

20

💢 来歴 [ ] 中学、高校では部に所属。 2012年 南オーストラリアリーグ 年間ベスト10(3年連続)、南オーストラリアリーグ オールスターチーム選出(3年連続)、Wilderness Lacrosse Club チーム年間MVP(3年連続)、7月 世界選抜18名に選出 ロンドンでのエキシビジョンマッチに出場、10月 オーストラリア代表候補28名に選出され、アメリカ遠征へ• 昨年全日本選手権で優勝したクラブチームに現役選手として所属し、また過去には女子ラクロスU19代表、女子ラクロスフル代表の経験を持つ小西コーチ。

8

👋 チームの求めることを120%でトライしてもらいたい」 気になるのはルール変更の影響か。 井川ヘッドコーチはアメリカ、カナダ、オーストラリア、イングランドの牙城を崩し、歴史を変える選手たちを輩出することを誓う。 「将来、日本を引っ張っていくような選手になりたいんです。

9