ヒゲダン 歌詞。 Official髭男dism「Driver」歌詞の意味~制作秘話を大公開!

👉 気になった僕は パッと パッと パッと見てみたんだ。 勢いに乗る「ヒゲダン」の新作『Traveler』がリリース 2019年下半期のJポップシーンにおける最重要注目作と言っても過言ではない作品が10月9日にリリースされました。

20

☢ 私も一人暮らしを始めたばかりのときは、いつもと違う環境にソワソワしていました。

1

✔ これをお読みになっている方はおそらく既に「相思相愛」を視聴済みで、まさに 藤原さんの掌で踊らされていたことに気付いたのではないでしょうか。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。

14

✌ ボーカルの藤原さんは、歌い方で感情を表現しながら聴き手に届けることを意識されているそうですが、この「LADY」では、「大人なのに子供の感情が止まらないという思い」が曲の随所に詰まっているそうです。 ハッとさせられますよね。

🤞 『Traveler』にも収録されている既発曲だけに目を向けても、この夏『熱闘甲子園』の番組主題歌としてお茶の間に鳴り響いた「宿命」にはホーンセクションの音を全面に押し出した海外のトレンドともリンクする音作りが施されていたかと思えば、アルバムのリード曲となっている「イエスタデイ」(映画『HELLO WORLD』の主題歌)はストリングスとバンドサウンドが絡み合う「これぞJポップ!」とでも言うべき仕上がりになっているなど、そのサウンドメイクは非常に多彩です。 言葉をつめて音にのせると、洋楽的なリズムが生まれるんでよね。 大ヒット曲Pretenderにも「感情、観客、設定、価値観、運命」という熟語が出てきますが、どれもうまくリズムを出す場所で使っています。

7

📞 そう言われてみると、ゴルフのことを言っていると分かる歌詞が散りばめられています。 自分もそういうドッキリを仕掛けられたいし、そういう音楽があったら面白いなと思うんですよ。 どうやら、長いこと敷かれたレールの上を走っていたようだ。

5