ご 査収 ください。 「ご高覧」と「ご査収」きちんと使い分けできてる? 【ビジネス用語】

💔 』 『契約書をお送りいたしました。 ご査収いただきますようお願い申し上げます。

15

😁 ご査収くださいませ。 でも、「ご査収ください」と書かれていたら、そんなわけにはいきません。 ご査収と同様に、メールなどの文章中で主に使われています。

19

❤ 間違いがないか ご検収ください。

17

⚑ 例えばメールの文面をただ確認してもらいたい場合だけでしたら、「ご査収ください」よりも「ご確認ください」の方が適切でしょう。

10

💋 (申し上げます)。 上司や取引先に「これを見てください」とお願いしたい時、皆さんはどのような言葉を使っていますか? ・お問い合わせいただいた資料を送付させていただきます。 また、基本的には漢字で「下さい」ではなく、ひらがなで「ください」とします。

❤️ 「資料を添付していただき、ありがとうございました。 「資料を添付しましたので、ご査収ください」「説明書をお送りします。

7

🖖 ・今月の月次月報を本メールにて送付いたします。

👀 」とする方が柔らかくていいですよね。 是非ご高覧ください」 ・「履歴書と職務経歴書を送付致しますので、ご高覧いただきますようお願い申し上げます」 ・「弊社展示会の案内状を送付致します。 相手への配慮も感じられ、へりくだりすぎる感じもなく使いやすい言葉です。

8

😜 調べてさらにそれを証明することをさしているので、ビジネスシーンで使われる頻度は「ご確認ください」や「ご査収ください」よりも低くなります。 』の使い方 使う場面 『ご査収の程よろしくお願いいたします』を使う場面は ・書類の提出・送付 ・物品の受け渡し ・金品の受け渡し など、仕事において 重要なものをやり取りする場面です。 よりしっかりとしたビジネスパーソンに思われるでしょう。